toggle

馬遊舎コンセプト



物心付いた頃から油粘土を手にし、その頃目に映ったものや刺激をうけたものを形にしてきました。形のないものが自分の手で好きなように変わっていくその魅力にとりつかれたのです。作品は、現在クレマル(クレイアニマル)とヤドリ木の2つの創作携帯があり、クレマルは現実的な人と動物の動作や表情をクレマルとして表現した作品。

ヤドリ木は植物と動物の共生と進化をテーマとし、非現実的なものではあるが、見る側に「時間をわすれて生命を見続けることができる」そんな不思議な世界の生き物を製作しています。

おもに様々な粘土と自然物や別素材を組み合わせたオブジェ・立体作品を造形。